せどりと輸入の違い

どうも!ふっちゃんです。

 

せどりと輸入の

ビジネスモデルの違いは何なのか。

 

商品を仕入れて売る。

 

という部分は変わらないのですが

 

根本的な違いを言うと

 

 

せどりは

価格差がある商品を

Amazonやヤフオクの媒体等で販売する。

また、中古の場合

どうやって差別化をして売り方を工夫して

販売していくか。

を考えていく必要があります。

 

 

 

さらに中古の場合

差別化を図る手間もあります。

 

 

 

 

輸入というのは、一言で言うと

確実に売れる商品をリサーチして

どう売っていくかを考えて

販売していく事です。

 

 

 

 

 

「え、変わらんやんw」

ってなったと思います。

 

 

 

 

売上が大きくなっていくにつれて

組織化した時に必ず

効率化を求める事になります。

そこで考えないといけない事が

 

 

梱包、発送業務の効率化もそうですが

そうではなく

 

 

 

リサーチの効率化。

ココです。

 

 

 

 

リサーチをして

市場調査や何が流行りなのかをリサーチの部分で把握して

商品を仕入れます。

 

仕入れた後

自分だけの商品ページを作って終了。

これで終わります。

 

 

 

 

僕が今まで販売してきた

せどりでの最高粗利は

 

一撃7万

 

って何とも素晴らしい出来事があったのですが

中にはその数倍以上の

粗利を出している人もいます。

 

 

じゃあその一撃粗利の7万は

毎月

必ず在庫を持てますか?

 

という事です。

 

つまり

せどりは毎月一緒の商品を在庫として持っておくのが難しいですし

何より価格競争が起こります。

 

 

 

輸入は

自分が決めた価格で販売して

商品が売れて在庫を補充したい時に

いつでも買える状況が作れる。

 

 

それが何回でも。

 

だから

リサーチの効率化は終わってます。

 

 

それも種類数が増えれば増えるほど

組織化すれば売上が自動で上がっていきます。

 

 

ここがせどりと輸入の大きな違いです。

 

時間的な自由があるのは

リサーチの効率化が出来ているから。

 

 

直ぐに結果が出せる

せどりも良いのですが

 

今ではなく

1年後

2年後

どうなっていたいか?

 

を考えていきましょう!

 

では。

 

コメント