輸入したらダメな商品

どうも!ふっちゃんです。

 

中国輸入をやり始めたけど

何を仕入れて良いか分からない。

って人も多いと思います。

 

僕もそうでした。

 

中国輸入を始める際

特に気をつけなければダメなのが

 

 

法律関係です。

 

輸入禁止品ですね。

 

せどりと違い

 

海外から商品を仕入れて販売する

物販になりますので

必ず押さえておきたいポイントになります。

 

 

輸入禁止品は

このサイトに載ってます。

輸入禁止品

 

  1. 麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤
  2. 児童ポルノ
  3. 特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、育成者権を侵害する物品
  4. 不正競争防止法第2条第1項第1号から第3号まで又は第10号から第12号までに掲げる行為を組成する物品

 

 

○○権と言われてもパッとしませんよね。

(僕も分かりません、)

 

麻薬や銃器はもう説明しませんww

 

 

抑えないといけない点

商標権    商標権を調べるサイト   

    ロゴも含む。

著作権 キャラクターの商品等

食品衛生法 食品系、乳児が口に入れてしまうおもちゃ等

通信法 Bluetooth機能が付いているもの

薬事法 医薬品

計量法 計測器など

電化用品安全法 PSEマークが無いもの 菱形マークは第三者の商品が必要。

丸型には認証が必要ありません。

 

 

この点を抑えておけば

ある程度クリアできます。

 

 

もしこれを知らずに輸入してしまうと

 

税関で没収されるか

破棄しないといけません。

 

関税を通過しても販売してしまったら

各法律に基づいた

罰則があります。

 

また

 

電池の商品などは空輸が出来ない等

細かい規制があります。

 

 

規制と禁止の違い

しっかり把握しておかないといけません。

 

 

分かりやすく言うと

 

禁止品は

何が何でもだめ!

麻薬・・

銃器・・・

そりゃあかんやろw

 

 

規制品は

ある条件を満たしたら輸入OK。

電池が入っている商品は

空輸や船便で送る事が出来ず

特殊便という国際便なら可能です。

 

これが条件を満たせば

輸入できる商品です。

 

 

もし分からなくても

代行業者によっては

質問をすれば丁寧に教えてくれます。

 

 

 

中国輸入するなら

絶対に失敗はつきものです。

 

ドンドンチャレンジしていきましょう!!

 

 

チャレンジって言っても

 

逮捕されるような商品は仕入れないで下さいね。

 

今回は大事な部分になりますので

真剣にお話ししました。

 

いつも不真面目みたいな言い方してますがw

 

法律関係はめっちゃ大事ですので。

 

そういう僕も

めっちゃ注意しているつもりですが

本当にいつやらかすかわかりませんw

 

だから

リスクヘッジは絶対に必要なんです。

 

1つコケたら崩れてしまう状態は

本当に危険です。

 

今のうちにキャッシュポイントは

増やしておきましょう!!

 

では。

コメント