中国輸入で副業は可能なのか

副業で中国輸入ができるという根拠とはなんなのか。

 

結論から言えば可能です。

中国輸入が副業に向いている理由

理由はいくつかあります。

  • 外注化しやすい
  • 利益率が高い
  • 身内にお願いして発送業務を自動化しやすい
  • 自宅で完結する

 

せどりってどうしても自動化しようと思ったら

仕入れ先のルートの組み方や

仕入れから発送方法まで

全て教える必要があります。

 

しかもせどりは仕入れ数が不安定ですし、利益率も安定しなければ

人を雇ったとしてもお給料は払い続けないといけません。

 

仕入れスタッフが毎月安定して仕入れができる

優秀なスタッフがいれば問題ないですが。

 

中国輸入ってリサーチを外注化をすることによって

ここで時間短縮ができますし

発送スタッフも発送のやり方を教えれば完結できます。

 

展開するまで1つ1つの作業が多いですが

全てを外注化させて組織化をすることも可能なんです。

特にリサーチスタッフは徹底して育てないといけませんが

 

  • 画像外注
  • 出品外注
  • 発送スタッフ
  • リサーチスタッフ

 

サイクルってこれだけなんです。

画像は1枚あたり300円

で僕はやってもらってます。

 

ECサイトに出品すると

1商品あたり100円〜300円

 

発送スタッフは時給

リサーチスタッフも時給

 

昨日の記事で代行業者の比較記事をお伝えしましたが

 

少しのお金を払えば

代行業者が詳細検品を検品やってくれます。

 

要は考え方で、利益率が30%というのはそれだけ

人にお金を払える余裕が出てくるのです。

 

せどりで月商500万以上達成した上で

必ず毎月利益率25%以上キープできるでしょうか。

 

絶対無理です。僕はww

 

その中でお給料を支払っていると

どうしても利益を圧迫してしまい

自分の手元にお金が残っている感覚がありません。

 

利益率が高いからこそ人も雇えて

自動化ができるんですよね。

 

利益計算シミュレーション

 

その根拠として数値でシミュレーションしてみましょう。

 

300万の売上で利益率を低く見て25%とすると

月75万の粗利になるわけで

  • 事務所代か家賃代が10万(高めにみてます)
  • 何かしらのツール代や光熱費8万(これも高めにみてます)
  • 身内の方の時給880円(賃金法で地域によるのでこの額)

   一日労働5時間x22日=96800円

  • リサーチ、ECサイト運営スタッフ時給900円

   6時間労働x22日=118800円

  • 外注費用3万

合計費用43万円弱です。

全て多めに見た計算で利益率も低く見積もってこの金額になります。

 

そうするとあなたの手元には32万円の利益が残ります。

利益率が30%なら47万円残ることになりますね。

 

副業の人の一番の強み

副業の方って本業の給料があるからこそ

この32万から47万残った利益で

ツールを作ったり設備の投資を行えるわけです。

 

これは全て経費にできますし

税金もかかりにくくなってきます。

 

以前の記事で利益をどう使うのかという記事を書きましたが

こういうマインドはめっちゃ大事です。

中国輸入は本当に副業に向いているビジネスです。

 

とは言っても外注する以上は

人に教えないといけないので、まずは自分でやってみて

外注化しましょう。

 

そうしないと

何もかもの質が低くなってしまいます。

 

 

AMAZONとECサイトの比較

 

他の情報発信者は

AMAZON相乗りをオススメしていますが

 

僕はECサイト運営をオススメします。

なぜならAMAZON相乗りは

価格競争が起きるからです。

 

利益率30%として仕入れたけど

出品者が増えてしまったことで

利益率が20%近くまで下がってしまった。。。

 

なんてよくあることです。

 

もしそうなった場合

上記のシミュレーションで計算した分が

60万の粗利まで下がってしまい

手元に17万円しか残りません。

副業の方からしたらそれでも十分な価値はあるでしょう。

 

でも、AMAZONって1つのプラットフォームですよね。

 

まずはECサイトの運営から始めて

その持っている在庫数で

楽天やワウマ、Q10やモンバレに横展開すれば

売上が伸びます。

 

確かにやることは多くなりますが

1つのECサイトで売上300万が横展開するだけで

市場規模にもよりますが2倍、3倍にもなるんです。

 

そうすると最低でも600万の売上が上がります。

それで利益率25%だったとしても150万の粗利が残ります。

 

あなたはどっちが魅力的に見えますか?

価格競争が起きてしまって利益率が安定しない相乗りか

持っている在庫で横展開するだけで売上が上がる仕組みか

 

中国輸入を始めたての方が行うのはAMAZONでしょう。

ですが、今のAMAZONってむちゃくちゃです。

 

何か通報があればすぐに真贋調査。

そしてアカウント停止。

 

最初の中国輸入はAMAZONから始める人が多い中

人とは違う行動するとその差は広がります。

 

さらにECサイトを運営すると販売スキルがかなり上がります。

いろんな観点から視点で考えるので自然とスキルの向上に繋がります。

 

ヤフーショッピングの月額や、登録は無料なので

是非登録しておいて損はないです。

 

では。

コメント