中国輸入で不良品が出た場合の対処方

中国輸入で仕入れた商品が不良品だった場合、どういった処理をするのかをお伝えします。

 

アリババやタオバオで仕入れた商品は粗悪品が多いです。

製品やジャンルによって様々ですが

  • 縫い目のほつれがひどい。
  • ファスナーがすぐに壊れる。
  • きちんと動作しない。
  • 傷が最初から多い。
  • 縫わないといけない部分が縫えていない。

等様々な不良品があったりします。

 

せっかく中国で仕入れたのに不良品だったら日本から返品も手間がかかります。

その仕入れた金額が赤字になるわけです。

 

そうなった場合でも、赤字になってでも現金化したいですよね。

最高でプラマイゼロに持って行く方法です。

 

ヤフオクや、メルカリ、フリマ等で【訳あり品】として販売する。

などです。

 

他にもヤフーショッピングにおいても【訳あり品】といて商品ページを作成し

価格を下げて販売します。

どうしても中国輸入では、粗悪品や不良品が多いのでその度に1つ1つ手作業で訳あり品として販売するよりも、ヤフーショッピングに出品することによって訳あり品に登録したら在庫補充するだけなので、手間が省けます。

 

究極な方法は処分しますw

 

でも、現物を見ていないのにも関わらず、日本製品のクォリティに近づける見方は2通りあります。

その見方を知ることで、不良率がかなり下がります。

 

ノウハウ部分はコンサル生に申し訳ないのでお見せできませんが

リサーチ方法も僕独自で見つけたノウハウは5通りあります。

 

どれだけリサーチがどれだけ上手でも、売り方が悪ければ売れません。

全ては掛け算です。

最大指数がリサーチ5 売り方が5って考えたときに

リサーチが5

売り方が1では5の効果しか発揮しません。

 

売り方の指数も5に近づける必要があります。

そうすることで10にも25にもなるわけです。

そのためにはどうすればいいか。

って言うのを考えます。

 

だからリサーチも販売方法も、両方鍛える必要があります。

せどりは単純作業です。

 

 

せどりから次のステップに進みたいなら、本当に中国輸入をオススメします。

また、明日か明後日の記事で公開します。

 

/ps売上が10万以上をこの何日間かキープできています。

購買率(転換率)もめっちゃ上がって来ています。

コメント